「一つ一つの言葉で生きる」

一つ一つの言葉によって生きる

「人はパンだけで生きるものではない。

  神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。」(マタイ4:4)

 「生きる」とは、神と共に生きる、です。どんなときでも、何があっても、神と共に「生きる」、です。言葉を換えて言えば、どんなときでも、何があっても、神をますます新たに知りながら、「生きる」、です。

 「生きる」とは、単純な一言ですが、その中身には、ほんとうにいろいろなことがあります。この瞬間がずっと続けばよいと思うほど、うれしいこともあるかもしれません。反対に、「もうたくさんだ」と思うほど、すべてが嫌になることもあるかもしれません。一人の人の中にも、いろいろなことがあって、その「生きる」ことの中身は語り尽くせないでしょう。そのすべての「生きる」において、神が共におられることを知る。それが、「神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」です。

 聖書の言葉は、日々新たに語りかける神の一つ一つの言葉です。

 その人がどのようなときを生きているか、どんなことに囲まれ、向き合っているかによって、そのときにふさわしい言葉があります。その言葉を通して、神と出会います。

 聖書に向き合って、今日の私に語りかける神の言葉に出会っていただきたいと思います。

「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。」