「今はよく見えなくても」

■『今はよく見えなくても』

 「わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。

  だがそのときには、顔と顔とを合わせて見ることになる。」

                (第一コリント13:12)

  何をおぼろに見ているかと言えば、神を見ています。しかも、あまり質のよくない鏡に映ったものを見るように見ているというのです。ある意味では、随分と頼りないことのように思われます。そのように神を見ていますから、神を信じる信仰にも、いつでも頼りないものが伴っています。

 実際、聖書の中に登場する信仰者の中で、誰一人として、神を完全にとらえるように見た人はいません。むしろ、神を信じる人々は、その信仰をいろいろな試練の中で試されました。そして、神を見失いそうになりながらも、求めて、新たに見ながら進んで行きました。しかも、「鏡におぼろに映ったものを」見るように。

 しかし、このことを軽んじることはできません。たとえ、「鏡におぼろに映ったもの」を見るようにであっても、神を見ることに変わりはありません。神を見ることがないなら、「神はいない」。それが答えです。頼ることのできる神はいません。反対に、たとえ「鏡におぼろに映ったものを」見るようであっても、神を見ることに変わりはありません。どのようなときにも助けを求め、救いを求めることのできる神を、新たに知りながら歩んでいきます。今は、顔と顔を合わせるように、神を見ることのできるときではありません。やがて、そのときが来ます。しかし、「今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。」

 どうぞ、教会をお訪ねになってみてください。聖書の言葉の数々の中に、「鏡に映る神」の御姿を、ご一緒に探し求めてみたいと思います。