「決して恐れない」

『決して恐れない』

「わたしたちは決して恐れない、地が姿を変え、山々が揺らいで海の中に移るとも、海の水が騒ぎ、沸き返り、その高ぶるさまに山々が震えるとも。」(詩編46:3~4)

 「わたしたちは決して恐れない」。ここで、「わたしたち」と言っているのは、どのような人々でしょうか。とことん自分の弱さを知って、ただ神に依り頼んで、従う人々です。「決して恐れない」とは、誰がそんなことを言えるか、と思うような言葉です。しかし、自分の知恵や力で何とかしようとせず、とにかく神の助けに依り頼んでいるから、こう言います。「わたしたちは決して恐れない」。

 そして、神は決してそのような信頼を裏切ることはありません。「神は・・・苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる」。(詩編46:2)だから「私たちは決して恐れない」。

 ただの「恐れない」ではなく、「決して恐れない」です。どれほどの「決して」でしょうか。何があろうとも、です。揺らぐ天地よりも大いなる神を知ればこそ、その御方の助けを知ればこそ、「わたしたちは決して恐れない」。信仰によって神を知ることに基づく安心が、ここにあります。いろいろなことで試されつつも、ますます明瞭にされていく信仰の安心です。頼りにならない自分をますます知り、ほんとうに頼むべき神を知るからです。

 「わたしたちは決して恐れない、地が姿を変え、山々が揺らいで海の中に移るとも、海の水が騒ぎ、沸き返り、その高ぶるさまに山々が震えるとも。」