「望むものを何でも願いなさい」

『望むものを何でも願いなさい』

「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。」(ヨハネ15:7)

「望むものを何でも願いなさい」と、主は言われました。しかも、「そうすればかなえられる」と約束されました。願ったことが何一つむなしく終わることはありません。

 しかし、これには一つの条件があります。イエス・キリストに学びながら、従いながら祈るという条件です。確かに主イエスの祈りは、ことごとく父なる神に聞き上げられました。しかし、主イエスが自分の思いのままに祈ったわけではありません。石がパンに変わることを望むほどに空腹のとき、石がパンに変えられるようにとは、祈りませんでした。たとえ「あなたの足が石に打ち当たることのないように、天使たちは手であなたを支える」との御言葉があっても、それを勝手に利用して、父なる神を試したりもしませんでした。(ルカ4:1~12)「自分の願いではなく、御心のままに」と求めて、どこまでも祈り続けました。(ルカ22:42)

 ここに、望むことは何でもかなえられた御方がいます。ぶどうの枝がぶどうの木につながって実を結ぶように、いつもこの御方と共に歩んで実を結ぶ人も、望むことは何でもかなえられます。この御方の言葉がいつも心の内にあって、その言葉がその人の内に生きているなら、望むことは何でもかなえられます。「すぐにかなえられる」とはいかないでしょう。待つこと、試されることは、いつも伴います。しかし、そのような人の祈りがむなしく終わることはありません。

 「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。」