「思い煩わずに、考える」

『思いわずらわずに、考える』

「どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。」(フィリピ4:6~7)

「思い煩うのはやめなさい」と教えられています。思いわずらうことはやめても、考えることはやめられません。私たちは、いろいろなことを考えずには生活していくことができません。しかし、どこまでが考えることで、どこから思いわずらいになってしまうのか、自分でも区別がつかないこともしばしばです。いろいろと順調に考えているうちはよくても、いつのまにか、いろいろなことが気になって、思いわずらい始めてしまうこともあるような気がします。実際、大切なことは、真剣に考えれば考えるほど、そのように進んでしまうのかもしれません。

そのような私たちに対して、聖書の言葉ははっきりしています。「思い煩うのはやめなさい」。信仰によって得られる平安もなしに、考え続けることをやめます。いったん休みます。そして、信仰によって考え直します。神とその御言葉に尋ね求めながら、祈りつつ考えます。神のご存在や、神のご意志を無視して、考え続けるなら、思い煩いが始まります。それをやめて、まず一休みして、もう一度神を求めつつ考え始めます。

「どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。」