「ここは天の門だ」

『ここは天の門だ』

「ここは、なんと畏れ多い場所だろう。

 これはまさしく神の家である。そうだ、ここは天の門だ。」(創世記28:17)

旧約聖書に登場するヤコブという人物の言葉です。とても苦しく心細い旅の途中、一つの夢を見ます。これから先の希望も、ほとんど見えないときのことでした。聖書には次のように書いてあります。「とある場所に来たとき、日が沈んだので、そこで一夜を過ごすことにした。ヤコブはその場所にあった石を一つ取って枕にして、その場所に横たわった。すると、彼は夢を見た。先端が天まで達する階段が地に向かって伸びており、しかも、神の御使いたちがそれを上ったり下ったりしていた。」(28:11~12)その夢のあと、神はヤコブに次のように語りかけました。「見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない。」(28:15)

今までも神を信じて歩んできたヤコブでした。神は、いつもヤコブと共におられました。しかし、気づかなかったのです。あるいは、共におられるとは思っていても、すべてをゆだねて信頼して安心したり喜んだりできるほどには、そのことを知りませんでした。

しかし、今、そのことに気づきました。神の言葉を聞いて、主が、そのような御方として共におられると気づく場所、その場所こそ、どこであれ、神の家、天の門です。「まことに主がこの場所におられるのに、わたしは知らなかった。ここは、なんと畏れ多い場所だろう。これはまさしく神の家である。そうだ、ここは天の門だ。」(28:16~17)