「弱い時にこそ強い」

「わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態
にあっても、キリストのために満足しています。なぜなら、
わたしは弱いときにこそ強いからです。」(第二コリント12:10) 
信じるものがある人々にとって、起きてくることや周りの状況がすべてではないでしょう。それらに対して、結局その人々の信じるところに従って、対応していくことになります。
「弱さ・・・行き詰まり」の中で、気落ちすることは、まずは自然な反応です。思い通りに行かない数々の事の中で、わたしたちは当然のように気落ちします。また、恐れたり、心配したりし始めます。あるいは、周りを見て、ねたんだり、うらやましく思ったり、怒ったりし始めることさえあるかもしれません。しかし、それがその人のすべての答えであるなら、ますますみじめになるのではないでしょうか。
 「弱さ・・・行き詰まり」は、すぐには自分でどうにもならないことです。だから、弱さを覚え、行き詰まってしまいます。しかし、ただの信念ではなくて、信じる御方があるなら、その御方に祈ります。そして、その御方に従っていきます。それゆえ、キリストを信じるパウロは、気落ちしたままではなく、キリストに心を注ぎます。そして、今は、受け止めるしかないものを受け止めて、「キリストのために満足しています」。
 その中で、気落ちしたままではありません。やがて恐れや心配、ねたみ、怒りとはまったく違ったものが生じてくるでしょう。そして、ただの信念ではなく、キリストに導き強められながら、対応していくことになります。「わたしは弱いときにこそ強いからです。」