主の御心がある

主の御心であれば、生き永らえて、あのことやこのことをしよう

                         (ヤコブ4:15)

 子供は転びながら、自分で歩くことを学びます。絶対、転ばないようにして、自分で歩けるようにはなりません。

 確かに、人も思い通りにいかないことの中で、自分らしく生きることを学んでいくのかもしれません。しかし、思い通りにいかないことが重なると、訳がわからなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。「もうだめだ」「もうたくさんだ」と、表向きは大丈夫のようにしていても、心がくじけてしまうこともあるのではないでしょうか。

 しかし、聖書はこう問いかけます。「あなたがたには自分の命がどうなるか、明日のことは分からないのです。あなたがたは、わずかの間現れて、やがて消えて行く霧にすぎません。」(ヤコブ4:14)自分の人生を決めるのは、ほんとうに自分自身でしょうか? 実は、自分が考えている以上に、自分はもっと頼りないものではないでしょうか? 

 しかし、その頼りない者が「どんなにだめだ」と思っても、それが終りではありません。自分の心では途方に暮れても、主の御心があります。それをほんとうに知ることから始まる歩みがあります。主の御心であれば、生き永らえて、あのことやこのことをしよう

 どうか、聖書の言葉を通して、イエス・キリストを知ってくださるようお願いいたします。一人で悩み、倒れた人も、キリストと共に歩み始めます。人の思いを超えた、主の御心があります。