「わたしの心は主に依り頼む」

 「わたしの心は主に依り頼みます。
主の助けを得てわたしの心は喜び躍ります。」(詩編28:7)
 
 人の心は、案外、傷つきやすく、疲れやすいもののように思います。元気に、いろいろなことに取り組んでいるように見えても、思わない一言や、出来事で、落ち込んでしまうこともあるのではないでしょうか。
 強いように見えても、弱いもののように思います。
 そのようなとき、誰かに相談したり、誰かの助けを求めたくなるのは、当然だと思います。しかし、その悩みが深ければ深いほど、人にも相談できないのかもしれません。また、自分自身でも何を悩んでいるのか、うまく言い表せないこともあるかもしれません。
 そのような心が、ほんとうに依り頼むべき神を知るとき、希望があります。ある意味で、人に相談してどうにかなるならば、神に祈ろうとは思わないかもしれません。しかし、頼りない心が、依り頼むべき神を知るとき、心を注ぎ出すように祈ることを学び始めるとき、その人の歩みは大きく変わり始めるのではないでしょうか。どのようなときにも、心の拠り所とすることのできる神を見出した人の言葉です。
 「わたしの心は主に依り頼みます。
  主の助けを得てわたしの心は喜び躍ります。」
主とは、イエス・キリストです。どうか、聖書の言葉を通して、イエス・キリストを知ってくださるようお願いいたします。どのようなときにも、心の拠り所とすることのできる御方です。