「わたしの歩みを照らす灯」


「あなたの御言葉は、わたしの道の光、わたしの歩みを照らす灯。」

                   (詩編119:105) 

  誰でも自分はどうすればよいのか、途方に暮れることがあると思います。そのようなとき、聖書はどのように道を示してくれるのでしょうか。

「あなたの御言葉は、わたしの道の光」です。確かに、その人の歩むべき道を示す光が、聖書にはあります。

 それはどのような闇の中でも輝く光です。途方に暮れるとき、どんなに小さな光であっても光があるなら闇ではありません。聖書の言葉は、私たちの弱さに合わせて、私たちが歩むべき道を照らし出します。この光は、とても優しい光です。私たちが一歩一歩進んでいくのに、ちょうど良い光です。実際、そのような歩みを重ねるとき、気がついてみれば、ずいぶんと進んでいることに気づくのではないでしょうか。


  聖書の中に、今日の「わたしの歩みを照らす灯」があると知るなら、どんなに心強いことでしょう。どんなときにも、進むべき一歩を照らし出す光を持っています。

「あなたの御言葉は、わたしの道の光、わたしの歩みを照らす灯。」