「信仰によって見る」


「わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。

 だがそのときには、顔と顔とを合わせて見ることになる。」

                     (第一コリント13:12)


 聖書を読むと、神が私たちにとって、どのような御方であるかが教えられています。たとえば、こう教えられています。「神は愛です」。(第一ヨハネ4:16)あるいは、こうもあります。「神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦。苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる。」(詩編46:2)どんなに頼りとすべき御方であるかを知らされるばかりです。

 しかし、そのすべてが何のくもりもないほど明瞭に確認できるわけではありません。神は愛だ。そのとおりだ。神は避けどころだ。そのとおりだ。いつでも助けてくださる。私たちの歩みの中で、すぐにそのような神のご存在を確認できるわけではありません。むしろ、その信仰は試され続けます。まるで、「鏡におぼろに映ったものを見ている」かのようです。それが信仰によって見るということです。

 しかし、たとえ、おぼろにではあっても、神を見るならば、どんなに心強いことでしょう。祈ることができます。そのように祈り続けて、ますます神の愛を知ります。そして、神にすべての希望をおくことを学んでいきます。

「わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。だがそのときには、顔と顔とを合わせて見ることになる。」