「神に近くあること」


「わたしは、神に近くあることを幸いとし、

主なる神に避けどころを置く。」(詩編73:28)


何もないようでも、誰にでも何か悩みがあり、苦しいことがあるのではないでしょうか。一つのことが解決したと思えば、新たなことで悩み始めます。

聖書の神が、この世の生活の中で、今日、与えてくださるのは、何の悩みも苦しみもないような幸いではありません。悩みや苦しみがあるとしても、「わたしは神に近くあることを幸いとし、主なる神に避けどころを置く。」このような幸いの道へと、導いてくださいます。

神に近くあるなら、すべてのことが首尾よく、何でもうまくいくというわけではありません。どのようなことで苦しみ悩もうとも、神が近くにおられます。そして、神がすべてを導いてくださいます。だから、悩み苦しみながらも、神の近くに身を寄せる人々は、「それでよかったのだ」と知ります。

聖書にこのような言葉があります。「神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。(ローマ8:28)

今日の言葉です。

「わたしは、神に近くあることを幸いとし、

主なる神に避けどころを置く。」(詩編73:28)