髪の毛までも


「あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている。

  だから、恐れるな。」(マタイ10:30)


 親がどんなに自分の子供を愛しても、その子の髪の毛を数えるほど、その子に関心を寄せ続けることはないでしょう。

 神は、私たちの髪の毛の数まで知っておられます。神が私たちを造られた御方だからです。人の誕生は神秘ですが、聖書はその神秘が神の御業だと教えます。それを心から認めた人は、神への信頼をもってこう祈りました。「あなたは、わたしの内臓を造り、母の胎内にわたしを組み立ててくださった。」(詩編139:13)

また、造られただけで、ほったらかしにするような御方ではありません。昨日もそうだったように、今日も髪の毛一本残らず数えるほどに、関心を寄せ続けてくださいます。そのような神の愛を知った人の心は、こう叫び出しました。「父母はわたしを見捨てようとも、主は必ず、わたしを引き寄せてくださいます。」(詩編27:10)誰が私を見捨てようとも、神から見捨てられることはありません。


 この不安定な世と人生において、いろいろなことがありますが、私たちにこれほどの関心を寄せ続けてくださる神がおられることを知っていただきたいと思います。

 「あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている。

  だから、恐れるな。」