神の祝福の中を歩む人々


「いかに幸いなことでしょう、

 あなたによって勇気を出し、心に広い道を見ている人は。」

(詩編84:6)  

 「あれもある、これもある」というように、多くのものを持って、喜ぶのが普通のことかもしれません。健康がある、財産がある、才能がある、可能性がある・・・、挙げていけばきりがありません。反対に、それらに欠けるなら、何を喜んだらよいのかわからなくなり、心細くなり始めるのではないでしょうか。

 しかし、聖書は、それとはまったく違う道を指し示します。神を知り、神のご存在を認める道です。あれもない、これにも欠ける。しかし、神はおられる。ここに、今日すべての道で、信仰によって神を求める人々の希望と幸いがあります。何はなくても、神が共にいてくださいます。聖書はこう教えます。「神は御自分を求める者たちに報いてくださる方である」(ヘブライ11:6)

 神に求めたなら、ないと思っていたものが満たされるというわけではありません。しかし、喜びは取り戻され、心も静まり始めるでしょう。すぐに、すべてのことが良い方へ向かい始めるというわけでもありません。しかし、どのような難しさの中に置かれようとも、神が一歩一歩、一日一日、進むべき道を示してくださいます。また、人の知恵では計り知れない平安によって、その心と考えをも守ってくださいます。そのような人々は、神の祝福の中を歩む幸いな人々です。

 「いかに幸いなことでしょう、

あなたによって勇気を出し、心に広い道を見ている人は。」(詩編84:6)