今日を生きる


「明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。

 その日の苦労は、その日だけで十分である。」(マタイ6:34) 


 キリストの言葉です。今日を生きることへと、人を導く強い言葉です。わたしたちは、明日のことがいろいろと気になります。明日ではなく、今日が大切だとはわかっていても、明日のことを考えて、気持ちをくじかれたり、やる気を出したり、そんなことも多いのではないでしょうか。

 しかし、キリストの言葉は、はっきりしています。「明日のことまで思い悩むな」今日、一生懸命思い悩んだなら、明日のことが確かになるわけではありません。「明日のことは明日自らが思い悩む」

 反対に、今日、十分になすべきことがあります。明日のことまで構ってはいられません。「その日の苦労は、その日だけで十分である。」今日、できることは限られています。しかし、どんなに気が進まなくても、今日、取り組まなければならないことがあります。そして、いざ取り組んでみれば、まったく何も進まないということもないでしょう。むしろ、自分にとって、今日を生きるとは、こんなものだという手ごたえもあるのではないでしょうか。


 どうにもならない明日のことを思い悩んで、今日を生きる勇気を失ってはなりません。キリストは、今日を生きるように、はっきりと道を示します。


「明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。

 その日の苦労は、その日だけで十分である。」