一粒の種のように


「はっきり言っておく。

 一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。

 だが、死ねば、多くの実を結ぶ。」(ヨハネ12:24)


 これは、イエス・キリストが弟子たちに語られた御言葉です。イエス・キリストご自身が、一粒の種のように世においでになりました。今でこそ、クリスマスはイエス・キリストのお誕生をお祝いする日だと、世界中の多くの人々が知っています。しかし、イエス様がお生まれになった、その日、神から導かれた、ほんのわずかの人々のみが、そのお誕生を心に留めました。人の目を引くこともなく、地に落ちた一粒の種のように世においでになりました。

 その種は、一粒のままではありませんでした。地に落ちて死にました。そして、その種から多くの実が結ばれました。いろいろなところで、いろいろな時に、多くの実が結ばれました。地に落ちて死んだ一粒の麦であるイエス・キリストを信じて、「神は我々と共におられるのだ」と心から信じて告白し続ける人々が生じました。時が良くても悪くても、そうなのだと告白し続ける人々です。いつも喜び、どんなことにも感謝し、絶えず祈りながら、そのように告白します。クリスマスは、そのような一粒の麦が地に落ちて、多くの実が結ばれ始めたことを記念するときです。

 「はっきり言っておく。

 一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。

 だが、死ねば、多くの実を結ぶ。」