「語りかける神」

「語りかける神」 ■『語りかける神』(190512)「あなたの耳は、背後から語られる言葉を聞く。『これが行くべき道だ、ここを歩け、右に行け、左に行け』と。」(イザヤ30:21) 神は、聖書の言葉によって、人の心に語りかけてくださいます。聖書の言葉に親しみ続けるとき、人の心は、その言葉によって、不思議と励まされたり、慰められたりします。あるいは、反対に、自分のあやまちを示されて、悲しくなったり…

続きを読む

「神の同情」

「神の同情」 ■『神の同情』 「この大祭司は、わたしたちの弱さに同情できない方ではなく、・・・」(ヘブライ4:15) 一人でもほんとうに同情してくれる人がいたら、孤独は癒されます。しかし、人の思いは複雑です。誰かに、胸の内をわかってもらいたくても、一番深い思いや悩みは、わかってもらうこともできません。また、反対に、他の人の思いや悩みを受け止めるのにも、限界があります。 聖書に、ヨブと言う人物が…

続きを読む

「知恵の初め」

「知恵の初め」 ■『知恵の初め』(190506)「主を畏(おそ)れることは知恵の初め。」(箴言1:7)    人は、いろいろなものを恐れながら生きているのではないでしょうか。他の人々のことを恐れることもあります。あるいは、自分ではどうにもならないことを恐れることもあれば、どうしても向き合わなければならない事柄の数々を恐れます。それだけではなく、いろいろと思いめぐらして未来を恐れることもあります…

続きを読む