重荷を主にゆだねよ

「重荷を主にゆだねよ」 「あなたの重荷を主にゆだねよ、主はあなたを支えてくださる。」(詩編55:23)荷物を預けるように、簡単に「自分の重荷」を誰かにゆだねることはできません。自分の心と、その重荷がかたく結ばれているからです。簡単に人に任せられるようなものなら、それは自分にとって重荷ではありません。自分の心が「重い」と思うからこそ、「自分の重荷」です。自分でも耐えられない重荷ですが、人にも任せ…

続きを読む

神の業が現れるため

「神の業が現れるため」 「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。」(ヨハネ9:3) イエスと弟子たちが道を進んでいた時のことです。生まれつき目の見えない人を見かけました。弟子たちが、イエスにこう尋ねました。「先生、この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか。それとも、両親ですか。」人は、なぜ、このような考え方…

続きを読む

命のパン

「命のパン」 「わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。」(ヨハネ6:51)  聖書が「永遠に生きる」と言うとき、それは死ぬこともなく長生きするということではありません。ただ長く生きることが、必ずしも幸せではないでしょう。聖書はこう教えます。「たとえ、千年の長寿を二度繰り返したとしても、幸福でなかったなら、何になろう。」(コヘレト6:6) …

続きを読む