弱いときにこそ強い

「弱いときにこそ強い」 「わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足しています。わたしは弱いときにこそ強いからです。」    (第二コリント12:10) 「弱いときにこそ強い」とは、心に残る言葉ではないでしょうか。キリストの弟子であるパウロの言葉です。この強さは、すべての状況を跳ねのけて、変えてしまうような強さではありません。すべてを受け止める強さで…

続きを読む

一つ一つの言葉で生きる

「一つ一つの言葉で生きる」 「『人はパンだけで生きるものではない。  神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』」(マタイ4章4節)

続きを読む