誇るなら、主を

「誇るなら、主を」 「知恵ある者は、その知恵を誇るな。力ある者は、その力を誇るな。富ある者は、その富を誇るな。むしろ、誇る者は、この事を誇るがよい、目覚めてわたしを知ることを。」(エレミヤ9:22~23) 知恵や、力や、富を持つ人々にとって、それらのものは頼りになります。また、多くの人々からも認められるかもしれません。しかし、主は、それらのものを確かに持っている人々に対して、「その知恵を・・…

続きを読む

試練の時は

「試練のときは」 「わたしの兄弟たち、いろいろな試練に出会うときは、この上ない喜びと思いなさい。」(ヤコブ1:2)  ただ苦しいこと、つらいことなどが、そのまま「試練」になるわけではありません。それらに出会う人々が、それに立ち向かう何かを持っているから、ただつらいことに出会ったのではなく、「試練に出会う」と言えます。また、いろいろなつらさの中でも、自分を支える何かを持っているから、それに耐え…

続きを読む

神に近くあることを幸いとし…

「神に近くあることを幸いとし・・・」 「わたしは、神に近くあることを幸いとし、主なる神に避けどころを置く。」(詩編73:28) うまく行くこともあれば、行かないこともあるのが、現実の私たちの生活です。まったく悩みもなく、苦しみもないというわけにもいきません。人それぞれに、何かしら悩みを抱えてしまいます。一つのことが解決したと思えば、新たなことで悩み始めるのではないでしょうか。悩みや苦しみがあ…

続きを読む