「どんな思い煩いも」

「どんな思い煩いも」.mp3 ■『どんな思い煩いも』「どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。」(フィリピ4:6~7) 「どんなことでも思い煩うのはやめなさい」と命じられています。「どんなことでも」とい…

続きを読む

「思い煩わずに、考える」

「思い煩わずに、考える」.mp3 ■『思いわずらわずに、考える』「どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。」(フィリピ4:6~7) 「思い煩うのはやめなさい」と教えられています。思いわずらうことはやめて…

続きを読む

「ここは天の門だ」

「ここは天の門だ」.mp3 『ここは天の門だ』「ここは、なんと畏れ多い場所だろう。 これはまさしく神の家である。そうだ、ここは天の門だ。」(創世記28:17) 旧約聖書に登場するヤコブという人物の言葉です。とても苦しく心細い旅の途中、一つの夢を見ます。これから先の希望も、ほとんど見えないときのことでした。聖書には次のように書いてあります。「とある場所に来たとき、日が沈んだので、そこで一夜を過…

続きを読む

「人を救う同情」

「人を救う同情」.mp3 ■『人を救う同情』「この大祭司は、わたしたちの弱さに同情できない方ではなく、・・・」(ヘブライ4:15) この言葉は、イエス・キリストがどのような御方であるかをよくあらわしています。この大祭司とは、イエス・キリストのことです。キリストは、わたしたちの弱さに同情できる御方です。キリストは全知全能の神だから、そのような同情ができる御方だというわけではありません。「あらゆる…

続きを読む

「神の愛」

「神の愛」.mp3 ■『神の愛』  「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。」                       (ヨハネ3:16)  神は愛です。神を信じるとは、自分のこととして、その愛を知り、信じることです。神が愛であるとは、抽象的なことではなく、神を信じる人々にとって、きわめて具体的なことです。キリストを知り、神の愛を具体的に知った使徒ヨハネは、その手紙にこう書…

続きを読む